トレイルランニングやウルトラディスタンスランニングに関する素晴らしい作品を集めた映画フェスティバル『Trails In Motion 4』の上映会を6/17(金)に開催します。
DOC-Banner
“Trails In Motion”は、南アフリカでトレイルランニングの雑誌「GO TRAIL」を発行しているチームが2013年に立ち上げ、今年で4年目の国際映画祭です。昨年は石川弘樹さんの「From The Trails」が参加するなど、これまでアジア、アメリカ、ヨーロッパ、南米など世界中の作品が参加しています。


上映される映画は3~50分の7本で、それぞれの映画は、「何故人は走るのか」をテーマにしています。レースだけでなく、ロングトレイルへの挑戦(Fastest Known Time)や、トレイルランニングでの旅、トレイルランナーとしての生き方などの作品があり、非常に興味深い内容となっています。


The Last Time I Heard True Silence(USA / 22min)
2005年にイラクから帰還した海兵隊員。任務により難聴と耳鳴りを患った。多くの帰還兵が直面するのと同じように市民生活に戻る難しさを経験する。戦争で失った以上に、帰還兵の友人を自殺で失った後、地元の森を走る事で自分を取り戻していく。その過程を追う。

A Journey To Black Mountain(South Africa / 14min)
アメリカのウルトラランナーが南アフリカのトレイルを走りながら、「何故走るか」など自身の内面の発見をしていく物語。

Shandi Kano / Be Bold(USA / 3min)
競技に対するプレッシャー、ボストンマラソンのテロの目撃から立ち直っていく女性ランナーのストーリー。

Kroger’s Canteen(South Africa / 7min)
2014年コロラド州サンホアン山地を舞台にするHard Rock Endurance Runはキリアン・ジョルネの勝利に終った。彼は、レース途中に標高3,990m地点の狭いレッジにあるエイドステーション「クロガーズ・キャンティーン」に立ち止まる。これは、そのエイドステーション、そこに携わる人々、このレース特有のスピリッツについての物語です。

Nuevos Pasos(France / 7min)
スペイン人ランナー、ルイス・アルベルトのUTMB(2015年2位)のチャレンジを追いながら、彼の献身的なランや、冒険をシェアする喜びを感じつつ高いレベルで競う事と、チャレンジに対する興奮が交差する内面を明らかにする。

Mile For Mile(USA / 15min)
ウルトラランナーのクリッシー・モール、ジェフ・ブラウニング、ルーク・ネルソンが新たに公開されたPatagonia公園エリアを106マイル駆け抜ける。同時に、この広大な土地の自然を取り戻す作業と保護におけるConsrvation Patagoniaの努力を紹介していく。

This Is Your Day(USA / 50min)
100マイルレースを走り切る事は並外れた事でとても困難でしょう。この作品では、100マイルレースで名高いWestern States Endurance Runを走る3人に焦点を当てます。ディフェンディングチャンピオンとしてプレッシャーに直面するエリートランナー、ママさんランナー、中高年ランナー。彼らランナーだけでなく、家族、友人もがレースの一部であり、ボランティアは生命線です。水、補給、厳しい激励、抱擁、罵倒までもが同様に必要で、勝利も挫折も等しくランナーとそれ以外の要素中で生まれるのです。
これは、100マイルレース中の感情の変遷を辿り、肉体の力、意志、人との繋がりの大切さについて語る普遍的なストーリーです。


北陸での開催は当店だけですので、お近くの方は是非この機会にどうぞ!

詳細は以下の通りです。

開催日時:2016年6月17日(金) 開場 19:00 / 上映開始 19:30 / 上映終了予定 21:30
場所:OUNCE ※当店に駐車場はございませんので、近隣駐車場のご利用をお願い致します
料 金:2,000円(当日お支払下さい ※現金のみ)
定 員:30名(先着順)
お申込:店頭、メール(info@oz-mg.com)でお申込みください ※メールでお問合せの方は、お名前とご連絡先をお願い致します